読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yamopetaブログ

ガーゴイルゲッコーとADHD(発達障害)とクラフトとか同棲の日記⋆*

給餌11/26 とヨウコの脱皮疑惑…?!

 

11/26 給餌

 
タモリ:コオロギs ×5
 
ヨウコ:
・マンゴーペースト
・レパシーグラブ&フルーツ
・マルベリーカルシウム
・コオロギの内臓
ティースプーン1杯
 
そして、前回の給餌の時も若干おやっ?と思ったのですが…
 
ヨウコの拒食は脱皮が原因だったのかも疑惑が浮上…
 
ヨウコを迎えた日から、なんかヨウコって頭と体の色が違うんだなー
脱皮かなー?そういう種類なのかー?とか思ってました。
f:id:yamopeta:20151127195811j:image
↑お迎え当初
 
f:id:yamopeta:20151127195934j:image
↑拒食対策の放置プレイ期間直後
 
全身同じ色…?
 
あんなに悩んだ拒食は脱皮のせいだったのかもしれない…(´^(エ)^)??
 
いや、でもよーく見ると色やっぱ違う??うーーーーん…
 
\     わからん    /(結論)
 
いや、でもでもっ、
例えそうであっても、私の飼育環境が間違ってたことに違いはないし、
それに飼い始めだったからこそ、あの不安の中で闇雲にガーゴイルゲッコーについて調べて打開策を探したことはとても意味があったはずだ…!!
 
これからの飼育に活かしますもん!!
 
 
■体重測ってみました^ ^
 
f:id:yamopeta:20151127193614j:image
 
ヨウコ5g
f:id:yamopeta:20151127194005j:image
 
タモリ見るからに大きくなりました^ ^
お迎え時はミニミニだったもんね〜
保温してからすっごく生き生きしてます^ ^
 
ヨウコは5gしかなかったのがびっくり!!
タモリを先に飼ってたからサイズ感覚狂ってて全然ちっちゃいって思ってなかったもん。
赤ん坊なのによく来てくれたね〜(;-;)
 
飼育環境の改善策など、丁寧に教えていただいているおきさんのヤモリといっしょヤモリといっしょの給餌を参考に、
ヨウコに頭なしコオロギをあげてみました。
 
頭なしコオロギって単語にしちゃうとまぁこの爬虫類の世界ではよくあることだよねーとサラッと流しちゃうんですけど、実際やると鳥肌もんですね。
 
ピンセットで頭とって腹を押して内臓出すんですけど、コオロギの腹を指で押しながらヨウコにあげてたら、もう数分前に絶命したはずのコオロギがピクピク動くんです((((¨д¨;;))))))その振動が指に直で伝わるんです
全身鳥肌ですよ(((;°▽°))
普段平気なはずのコオロギの背中の模様とかまで気持ち悪くなってきて、あわわわわわわってなって、ピンセットで与えました(((;°▽°))
てか初めからピンセット使えっていう話!!!
 
頭なしコオロギをいきなり差し出してもプイっとされる自信満々だったので、
頭なしコオロギに練り餌を乗っける感じでGO!
 
ペロペロペロペロ
マンゴー⇨マンゴー⇨マンゴー⇨マンゴー⇨⇨⇨コオロギの内臓コオロギの内臓コオロギの内臓
 
っていう罠
 
味が変わった時一瞬(゚ロ゚)って顔で固まってるっぽかったけど、べろんべろん食べてたので嫌いではないようです。
 
よかった…!!
 
"ガーゴイルゲッコーはコオロギを食べるようになると一気に成長する"とTree Mateさんもブログで話してたし!
 
内臓だけと外骨格を嚙み砕くのでは全く違う結果が出ると思うので、目標は外身もちゃんと食べれるガーゴイルになること。
 
おっきくなれよ!
 
ガーゴイルの話ばかりでごめんねタモリ