読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yamopetaブログ

ガーゴイルゲッコーとADHD(発達障害)とクラフトとか同棲の日記⋆*

ルーツ ロマン

日光浴 戯言
f:id:yamopeta:20160507112031j:image

クレスとガーゴ、クレスとマモノって属レベルで違うのにどうして掛け合わせできるんだろう…とふと思いました

レオパ×ニシアフとかもそうですが


同属異種間交配のウマ×シマウマですら生殖能力はないのだからクレス×ガーゴとかも当然生殖能力ないんだろうな

両種のいいとこどりの種類を見てみたいって気持ちもわかります。

科レベルで異なる種が子供を産めるってことは人とチンパンが子供産めるってことなのかな?

それとも爬虫類だからそういうことができるの?



生物学の世界ではヒトの分類ってかなりタブー視されており触れられることは少ないですが、私は凄く興味があります。

人種には絶対最低でも亜種、種レベル(恐らく属レベルも)の差異はあるし人に関してはその亜種レベルの差異を気にせず交雑してしまえるところもまた面白いと思う。

反面、その違いを本能的に感じ取り、その中にアイデンティティを見出したりするんじゃないかな。

例えば宗教や価値観など、精神構造が生物学的なレベルで違うとか。

また性格なんかも同じことが言えると思う。気性の激しさはその個体の年齢や自己抑制スキルとか表面的なこと以上に、その種がもつ精神的(=身体的)性質、例えば神経伝達物質の分泌などもっと深いところが関与してるのではないか。

今は各地で追いやられてる原住民の絵なんかちょっと似てると思う。

幾何学模様やトーテムポールのようなデザインの絵や置物、
自然を神と崇め、いつも後から来た種族に滅ぼされかける温厚な民族
原始的なモンゴロイドは比較的そのような性質があるのではないかな?

逆に後からやってきては、元いた人間を蹴散らして滅ぼす側は決まってコーカソイドだよね。

日本人は世界的に見ても何もかもが奇異な民族だと思う。

神経質、勤勉、凝り性、控えめ、我慢強い、協調性が高い、言葉よりも空気で対話する。ピンチの時こそ力を発揮する。芸術に関してもサブカルなど世界的に見てもかなり独特の世界観を持ってる。物を作らせればたちまち世界で認められる品質のものを作ってしまう。他民族の生み出した技術を取り込み更にいいものに改良してく技術なんか本当に凄い。お隣の大国をぱくりとか言えたものではない。漢字をひらがなにしたり、言語農耕服文化宗教全てをパクって自分たち好みにアレンジする。

日本人の生き残りの戦略の全てにおいて独特。

その背景にはきっと生物学的な根拠があるんじゃないかな。

太古の昔日本には色々なルートを辿って各方面から人が行き着いた。
今はゲノム解析とかでそういう日本人のルーツが幾つかのタイプに分けられている。

日本人を構成する遺伝子の中に、今は世界の殆どの地域で滅びた古いタイプが入っている。

そういうバックグラウンドが日本人を日本人たらしめてるんじゃないかな。

確かに分類することって今の人間にとっては危険だってことは知ってる。

本意じゃないことに優劣をつけるのはよくない。

でも自分でコントロール出来ない領域でこのような事実が存在していることを知ることはきっと何か意味があると思う。


例えば他国を理解するとか戦争を理解するとかね

だから何って話でした。