yamopetaブログ

ガーゴイルゲッコーとADHD(発達障害)とクラフトとか同棲の日記⋆*

前向きなADHD

発達障害と仕事の話です。

ヘビー(о▽о)🐍笑

だけど前向き^_^🌈🐳

 

 

 

 

 

 

 

部署異動することを同僚に知らされました。

ただでさえ人手たりてないのに私の尻拭してもらってばかりでなんの役にもたってなかったから、やっとスタートに立てたような時に異動になって申し訳ないです。

 

やっと仕事の基礎的な知識がついてきてやるぞー!とエンジンがかかった時に異動になったことも周りはよくわかってくれてた。

 

ミスがとてつもなく多くて、キャパが小さくて一度にひとつことにしか注意ができず、そのくせ注意散漫で、色んなことをすぐに忘れて、聞いたことを一度では十分に理解できず、すぐパニクって周りを巻き込んでトラブル起こしてばかりの自分の特性をよく理解してくれてそういうとこは目を瞑って応援し続けてくださって感謝してます。

 

ババァとかいってごめんなさい。

実はいい人でした。

 

誠実に対応接してくれた人たちに、色々とご迷惑をおかけした原因はADHDである事を種明かしできないことが心苦しい。

 

私は相手の言葉の意図が分からない時や間違えて解釈してることが多いので、意思の疎通が取れず接してる人は不可解に思うことも多々あったと思う。

 

その不可解さには理由があり、私だけ分かってるのに人に伝えられないのがつらいです。

 

障害枠の新人ちゃんはちょっと空気が読めない系の障害があるけど、真面目で堂々としていて覚えも早く丁寧でとても頼り甲斐のある戦力に育ちそうです。

 

障害枠だけど全然普通に仕事できてる新人ちゃんを見て、障害枠の意義が少し理解できたような気がします。

 

彼女は仕事はできるんだけど確かに、場に応じたコミュニケーションが苦手なので(普通なら話しかけないような忙しい状況でガンガン話しかける、いつでもとても大きい声、相手が話終わるのを待てないetc..)、確かに普通に仕事してたら'変なやつ'になっちゃうと思うんです。

 

だけど、彼女は'変なやつ'になってる原因をきちんと伝えてから入社してきてるので、皆そこをスルーして接することが出来るようになるんです。

 

変な行動してても特に何も思わなくなります。それって双方にとってストレスのない状態だと思います。

 

障害者枠ってハンデを失くして仕事できるようにすることなんだと思いました。

 

でも理由を打ち明けなければミスをするたびに自分の立場が窮屈になっていって、そのプレッシャーで更にミスが増えて、どんどん周りから軽蔑されて話し相手もいなくて行き詰まっていく。

 

ただでさえ生活を送りながら仕事をするのは大変なのに、ハンデをいくつか持って、隠しながら平静を装って生きることは無理が生じてきて当然だと思います。

 

だから障害者が悪いわけではない。

だって努力する気はあるのに能力がついてこないんですからね!(*-゙-)自分が1番自分にイライラしてます。

 

障害としらず軽蔑する側もそれはそれで正常だと思うし。ADHDの自分だって変な人は変な人だと思う。でもその変な人本人はもしかしたら人知れず直したいけど直せなくて苦しんでいるかもしれない。

  

障害者の中には障害と一般的に言われる特性を活かして生きている人がたくさんいるので、障害の特性全てを排除する必要はないと思う。

 

自分の持ってる特性が生きる上で障害となって初めて障害といえると思います。

 

芸能界や芸術家、発明家は発達障害の人で溢れてます。

人と同じでは生きていけない世界なのだからある意味当然なのかもしれません。

 

イチローアスペルガーは決まった生活のルーティンを崩せないというアスペの本来は障害となり得る性質を、利用しているし、

 

 多分ADHD?&アスペのさかなクンは偏りのある興味に身を委ねたような人生を送ってる。多動性のADHD的なハイテンションの明るい性格は強烈なキャラクターとなっているし、芸術の才能も活かして大好きな魚を表現してる。

 

アウトデラックスとかアウトな方向で障害の性質が出ちゃってる発達障害者の宝庫だと思うw

 

エジソンアインシュタインビルゲイツ、ジョブスなど

 

人類史を語る上で絶対に欠かすことの出来ない発明家や起業家たちも発達障害揃い。

 

果たして発達障害は障害なのだろうか?

 

人類の時代の節目にはいつも発達障害者と呼ばれる偉人変人がいる。

 

私は人類は1つの社会の中でいくつかの役割を持って生まれていると考えてる。

 

働き蟻や兵隊蟻、雄アリのような役目をもってて、発達障害者は雄アリのように時たま現れて停滞していた社会の流れをかき回して新しい時代に導いたりするのではないでしょうか。

 

突然変異によって種が変わりゆく環境に適応するような役割を発達障害者は人の社会で担っているのではないか??

私はそう考えています。

  

当然ながら私のような何も秀でたことのない残念な発達障害者が大半だと思います。でも↑のラインナップ見てると発達障害者が人類の歴史を築いてきたといっても過言じゃないでしょ…?

 

何でも卒なくタイプよりも極端な偏りがあるほうが1つの分野で生きるには強いのかな??

 

 

 

また自分の話ですが、次に仕事が自分に合ってなくてまた潰れるくらい辛かくなった次は障害者手帳をつくって障害者雇用で頑張ろうと思います。

 

ADHDと診断されてまだ3年くらいなのかな?

まだまだ自分で完全に受け入れられるには時間が必要だけど、だいぶ受け入れられるようになりました。

 

大学のカウンセリングや精神科へ初めていくときは、ついにこちら側に来てしまったか…というオワタ的な気持ちになりました。

 

病人のくせにかっこつけてんじゃないよ!とお尻はたいてやりたいですわ( ^ω^ )

 

家族は自分がADHDということを説明しても否定しかしないので自分で病院を探しお金で検査をした。

藁にもすがる気持ちだった。それほど切羽詰まっていた。

 

ADHDと診断されてかなりやさぐれて色んなことした。。壁に穴をあけたり、薬を大量に飲んで気を失った笑

その頃は二次障害の過食嘔吐も辛く、まるで生ける屍だった。理由のわからない不安感に毎日押しつぶされそうになって何も手につかなくて辛かったなぁ。その頃が人生で1番辛かった。今思うとあの頃鬱か何かだったのだろうね…笑

 

でも自分の話を聞いてくれる大学のカウンセラーに初めて出会って、初めて自分の存在を人に理解してもらえたと感じたことを覚えてます。

 

そこから色々なことを乗り越えてやっとここまできたかな。

 

ADHDと明かした瞬間辞めさせられたバイト先もあったし、

初めは障害やADHDという言葉を聞くだけで泣けたし、友達や家族に打ち明けても鼻で笑われたりして悔しくて悲しかった。

 

ミスすることくらい誰だってあるよという慰めの言葉に見せかけたエゴをぶつけられる度に理解する努力をしてくれないことが寂しく、悲しかった

一緒に現実を知って、本当の自分という存在を認めて欲しかった。

友達や家族に完全に理解してもらえることはもう諦めてる。

 

他人に理解を求めることがそもそも間違っているのかな。と最近思えるようになった。

 

 

人が理解してくれるまでまってたら寿命が尽きて死んじゃうよw

 

 

出来る限り客観的に、科学的な視点から自分を見つめて、、、

 

落ち込むことは時間の無駄でしかない

 

 頭では分かってはいるんだけど難しいです。

 

2年半くらい通ったカウンセリングをついにこの間卒業しました。

 

もう一人で大丈夫と思ったから。

 

 

ただ気持ちをぶつける場所がなくなって困ってます。こんな暗い話を友達や彼にぶつけてたら皆も病んじゃうよ笑

 

自助グループとかADHDの人の講演とかも気になってはいるけどどうも気が進まなくて。

 

 

 また気持ちが飽和状態になったらぶつけさせてください。