読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yamopetaブログ

ガーゴイルゲッコーとADHD(発達障害)とクラフトとか同棲の日記⋆*

恐竜学

恐竜や古代生物の魅力の1つに"答えが誰にもわからない"ことがあると思います。

僅かなヒントを掻き集めて答えを推理する古生物学者は探偵です。

 

新しい発見が仮説を裏付けたり、

これまでの常識を覆したりする。

 

それを専門家だけでなく素人も一緒になって議論することができる。

 

恐竜の図鑑は科学的な根拠と個人的な願望が詰まった絵で埋め尽くされてる

 

恐竜模型は間違っていると分かっていてもアレンジを効かせて子供の手にとってもらいやすくできる。 

 

それにケチをつける人はいないと思う。

誰もその生物を完全に知ってる人などいないから。

 

現生の生き物のフィギュアや絵はそうは行かないと思う。

 

恐竜や古代への想いはSF

 

図鑑や模型を科学的な資料としても芸術としても楽しめる

 

描き手が違えば姿形が全く異なるから恐竜の図鑑は何冊持っていても面白い!

 

おまけに解説として採用してる仮説もバラバラなので都合よく自分の好きな設定を選りすぐった像が自分の恐竜のイメージになる。

 

曖昧で懐の広い学問